先取り学習不要の方針に変更なし

息子は学校主体の学習なので、模試では範囲外の分野が出ると厳しいことになります。
しかし、学校で学習した後はできるようになりますので、全然気にしていません。

模試の判定を上げたければ、得意科目である理科1科目でも先取り学習をすればおそらく簡単に上がると思いますが、それは全く無意味と思っています。

事前の予習は良いと思うのですが、学校のカリキュラムから離れて先取り学習するのは、リスクもあるものだと思っています。1つは先取り学習のために学校の授業が既知の内容になってしまい、授業に集中できなくなること、もう一つはどうしても関心の深い分野に学習が偏ってしまい、「穴」ができてしまう、というものです。

現役予備校や塾などのカリキュラムに従い、最初から最後までこなすのであればそれも良いと思いますが、どうしても学校と重複してしまう部分が出てきます。それを入試での余裕につながると考えるか、無駄と考えるかはそれぞれの考え方でよいと思います。

基本的にはすべての内容をコツコツと1つずつ積み上げていくことが大事であり、息子の場合は学校の授業主体でそれを実施していくことが最も効果的だと思っています。

高校受験は基本的に学校主体で乗り切っていますので、これは一種の成功法則だと思っています。しかし大学受験に関しては学習内容の高度さもありますし、「量」をこなすといったことも必要、といった修正も取り入れ、既に成果も出始めています。

さらに自ら考えて実践できるようになっていますので潜在的にも大きな力を持っていると思います。このまま進んでいって欲しいと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR