「努力圏」合格で入学後上を目指せるか

前々回に、「努力圏」でも第一志望にチャレンジしてもいいケースがあるという記事を書きました。

「努力圏」、どうするか

「努力圏」の判定であったとしても、合格することが数多くあるのは、北辰テストの資料を見ても間違いないことだと思います。
その場合、入学後の成績が気になりますが、全員が入学後に成績が低迷したままということはないと思います。

「努力圏」といった判定が多かった場合でもそれはそのテストの受験した時点でのものであり、最後に上昇傾向となったようなケースでは、入試の時は全体平均に近いところにいる場合もあると思います。
また、「努力圏」といっても合格圏に近いあたりを継続できているケースも、最後の努力で合格者平均の近くにいる場合もありそうです。

これらのようなケースであれば入学後の努力で上位に行くことも困難ではないと思います。

これまで書いてきたとおり、息子も高校受験生の時はそうしたケースの前者のようなパターンでしたが、高校入学後は、低迷した時もありますが平均より上に位置することが増えてきました。
科目によって勉強時間の差が大きく、成績はTOPから下位までさまざまですが、勉強できている科目は上位に位置しています。

総合で上位に位置するためには、さらに相応の努力が必要ですが、それも夢ではないと感じます。入学後の努力が鍵ということだと思います。

ただ、「努力圏」の下位から抜けていない状態で、上位高にボーダーラインでの合格のような(最)下位合格狙いというのは、ケースにもよるとは思いますが、あまりお薦めしません。入学後の努力が、下位でついていくだけでも「相応」というより「相当」なものが必要と考えるからです。

ただ、本人が、たとえその高校に最下位で入ろうとも必ず上を目指していくという強い意志を持っているならば、それは尊重してもいいと思います。
そのあたりの留意点は、また別の機会に譲りますが、合格可能性があるレベルにいるという前提で、本人が高校で厳しい勉学を継続していくという強い意志を持ち、覚悟を決めているのであれば、今の段階では先を考えすぎることなく入試に向かい、保護者も腹をくくってサポートしてあげてよいと思います。

決めたら迷わずに頑張って欲しいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR