強固な第一志望

大掃除はかなり進みました。今日は午後から妻と二人でおせちづくりだと思います。まあ私が作れるものは限られていますが、頑張ります。

さて、息子の大学受験での第一志望に関しては、既に強固なものになっています。
ただ、客観的にはもう少し上を目標にしたらどうかというレベルになっていると思います。

英語が課題ですが、数学や理科の現状のレベルを考えますと、仮に目標が東工大や旧帝大であっても違和感はないと思います。さすがに東大を目指すのは現実的ではないと思いますが、例えば東工大ならセンター試験が950点満点で600点以上であればよく、個別試験は英語150、数学300、理科300(物理、化学)ですので、得意科目を生かせます。

しかし、私から強く勧めることはありません。
学びたい分野が漠然としている場合は、よりレベルの高い大学を目指すという考え方もあっていいと思いますが、学びたい分野が確定していますので、そういった志望選定は息子にとって適切でないと思います。まして、見栄やしがらみなどで志望する必要性もありません。

私が失敗したことを繰り返してはいけないと思います。

高校生当時の私は、自分が本当に行きたい分野、そこで勉強したいと思える大学を見失っていたように思います。息子にはそれがある以上、そこに向けてサポートしてあげるのが、自分の務めと思っています。

来年は息子も高3、本格的に受験生の仲間入りです。
何が待っているのかわかりませんが、強い志望を持って努力を続けていけば、必ず乗りこえると信じています。

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR