数学自主勉強完了

息子の数学1・Aの自主勉強ですが、およそ1週間遅れての終了となったようです。

遅れたのは、最後の方の問題が大学入試の問題だったため、解くのに時間がかかってしまったためでした。そして夏休みの宿題も優先して進めたということもあったようです。
しかし、大学入試問題のところまでは予定通り進捗させていましたし、大学入試問題の難しさにもめげずに最後までよく頑張ったと思います。

時間がかかったというのは、ただやりっぱなしということではなく、丁寧に進めたということでもあると思います。

大学入試の問題に入る前は1日当たり1時間半~3時間程度を要していると言っていましたが、入試問題のところでは、同じ時間でも解ける数がかなり減ったようです。

私のアドバイスもあるのですが、最終的にやると決めて始めたのは息子ですし、途中自分の部屋ではうまく進まないということになれば、学校の図書室か自習室を利用し、それらが閉鎖期間になってしまったら自宅のリビングでやる、ということでモチベーションを保つ訓練にもなったのかなと思っています。

1冊の問題集を自主的に全部解いたというのは息子にとって初めての経験ですが、これをきかっけに勉強に対する姿勢も良いほうに変わってくれればいいなと思っています。
成果はこれから現れてくると思います。

間もなく学校が始まりますが、9月は文化祭もあってバタバタしそうです。ですから、文化祭終了後あたりから、再びチャレンジかなという感じだと思います。次は数Ⅱ・Bの問題集になりますが、問題量も多いので、結構大変かもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR