高校で必要なのは予備校と塾なのか

高校で、特に公立高では当然(現役)予備校や塾が必要と思っている人が少なくない印象を持っています。
しかし、私は、人(本人とその志望)によって異なる、という考え方をしています。
少なくとも、絶対に必要ということはありませんし、全く必要ないと言い切ることもできません。

私の経験や見聞から言えるのは、保護者が闇雲に「そういうものだから」的に子供に塾や予備校に行かせても、投資しただけの効果は得られない確率が高いというものです。
そういったケースでは、子どもが期待した通りの勉強をしない確率が高いということです。

逆に、子ども自身が目的(志望校合格)を明確に認識して、それに向うために塾や予備校での学習が必要とはっきりと自覚しているのであれば、効果があるかもしれません。
ただ、その意識を挫折せずに持続することは結構大変だと思うので、保護者の適切なフォローは大事だと思います。
子どもを塾や予備校に行かせるメリットは、保護者にとっては自分の負担軽減になることでもあると思いますが、保護者から丸投げでは良い結果を導くのはなかなか難しいのではないかと思います。

高校生に塾や予備校に行かせるメリットということでは、勉強する習慣がつきやすいということがあると思います。
もっとも、自己管理がある程度できて自分で勉強できる子であれば、別に塾や予備校に行かなくても、勉強できると思います。
そのあたりを見極めるのは、保護者の行うべきことだと思います。

結局、高校で塾や予備校が必要か否かを問わず、保護者自身からの子どもに対する「適切」な支援が必要だと思います。
これも、個々人で「適切」さが異なり、また高校生となりますと中学時代とは違って自立心も強くなると思いますので、難しいとは思います。
それでも、子どもに真剣に向き合っていれば「適切」なところは分ってくるのではないかなという気はします。
スポンサーサイト

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

【大学受験】どのレベルの国公立大を目指すのか

昨日、沖縄と奄美地方が梅雨入りしたようですね。昨日はこちらも雨が時々強く降ったりすることもある天気で、天気図を見るとオホーツク海高気圧があって梅雨のはしりのような感じですが、高層天気図をみると夏の高気圧はまだ弱い状況のようで、関東の梅雨入りはまだ先のようです。

ところで、埼玉の公立高校では、HPでこの春の大学合格状況の公表を行う高校が増えてきました。上位校、特に最難関高の次(やその次)に位置する高校では、国公立大の合格状況を重要視しているような印象を持ちます。
しかしながら、大学での勉強、そしてその後を考えたとき、必ずしも国公立>私立という見方をしない方がよいようにも思います。

とはいえ、必ずしも難関国公立でなければ、今後の道が開けないというものでもないと思います。
国公立大は、各都道府県や地域にありますが、その地元の高校生が入るというのは、自然なことでもあり、それも良いと思います。
そして、努力によって難関大出身でないと厳しいと思われているような道でも進めるということでは、中堅の国公立大を目指すというのも良いと思います。

ということで、今後、そのような中堅国公立を目指すことに関連した記事を不定期更新でUPする予定です。
特に隠す意図ではないですが、読みたい方に読んでいただく、という観点から、パスワード付とします。パスワードは今回も変更せず<oomiya>(英小文字6文字)です。

余談
今後データがそろったときに別途記事にしようと思いますが、国公立大全体での合格者数の推移と、中堅以上の合格者数の推移とが違ってくる場合もあるようです。
(上は現役生の国公立大合格者数の推移、下は現役生の中堅国公立大以上の合格者数推移)
suii.jpg

例示した高校では、両方とも上昇傾向と見てよいですが、必ずしもそうならないような場合もあるようです。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR