息子も私も前に進む

久しぶりに穏やかな気持ちの休日を過ごしています。

本日息子は、本番前の最後となる模試を受けるために出かけました。本当の意味での最後の模試になって欲しいものですが、それはまだわかりません。
ただ、ここにきて今まで見たことのない姿勢で最後の追い込みを行っていることがよくわかります。模試でも結果が出てきています。このまま本番まで走り続けて目標を達成すると確信しています。

私のアドバイスは、もはや不要です。

さて、今年の振り返りになりますが、自分自身でも成果を出せたものがありました。

前回の近況をUPした数日後、10月に受験したある資格の2次試験の結果発表があったのですが、予想外に合格しており、最後のステップの試験に進みました。これを受けたのが先週末であり、本日ようやく落ち着いた休日になったというところです。

例年最終関門で落ちる人は稀なので、合格しているとは思いますが、発表を見るまでは安心はできません。

長い時間はかかりましたが、予備校等に頼らず、独学で乗り切りました。息子も塾や予備校なしで頑張っていますが、これは私の信念みたいなものかもしれません。

試験前3か月の大事な時期、座って勉強できる時間がなかなか確保できない状況ではありましたが、どこでも、少しでも、という気持ちで多少なりとも勉強時間を確保し、受けるだけは受けたという感じでした。
試験中、勉強不足は否めず今回も駄目か、と思いかけることが何度もありましたが、最後1分まであきらめるな、という息子への指導を自分にも言い聞かせて最後まで受け切りました。
諦めずにやりきって良かったなと思っています。

最終結果発表は来年早々になりますが、この勢いを息子に引継げればなと思っています。
そして私もまた前進を続けます。

自分にとって、今年は(も?)激動の1年になりました。それでも成果の出たものもありますし、何よりも息子が大学合格に向かって邁進している姿をみることができてよかったと思います。

それでは、少し早いかもしれませんが、皆様どうぞ良い年をお迎えください。
スポンサーサイト

近況、その他

大変ご無沙汰しております。

結論的には、まだまだ落着けない状況が続いています。
一番大きな問題のヤマは超えましたが、その直後に体調を崩してしまい、ようやく正常に戻ってきたところです。

息子ですが、意欲的に勉強を継続しているようです。夏から頑張った分が模試にも反映されるようになり、さらにモチベーションを高めているようです。
結果は確実のようなところには行っておらず、いわば「目途」が立ったというところですが、現役は伸びるのでこのまま全力で走って欲しいところです。

それから、埼玉の公立高校受験に関して、29年度から英語と数学を易化させることと、学校によっては難度の高い問題を含む「学校選択問題」が課されるようになること、理科、社会の試験時間が10分増える、という変化があることが先月新聞で報道されました。
ざっと数学のサンプル問題を見たぐらいですので、まだ論評できるものではないですが、より適正に選抜が行なわれるようになればいいなと願っています。

平成29年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における学力検査の改善について

他にも今後時間があれば突っ込んでみたい話もありますが、当面無理のようです。
体調は良くなり、今週は少し余裕がありますが、まだまだ様々な話が続いており、当面ブログを定期的に更新するのは難しそうです。

皆様もどうぞ体調には十分にお気を付けください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR