夏休みの成果

最近関東では、8月下旬から新学期の学校も増えていますが、1日から新学期の学校も多いと思います。先週までと比べて電車内の中高生が増えたと思いました。

夏休み中といっても、部活やら講習で高校に行くことも多いので、親としてはあまり変わらないところはありますが、息子は通常の授業が再開されるということで、大きな変化のようです。

自分が高校生の頃は、2学期は8日からでした。長い夏休みでしたが、高2の時はあまり何かをやった記憶もなく、だらだらと過ごしていたのかなと思います。
息子の方が確実に勉強していると思います。

夏休みの成果がどう表れてくるか、ということは、これからの模試や学校のテストの点数・成績などで検証していくしかないと思いますが、高校の夏期講習や自主勉強を通じて、英語、数学は弱点を認識できて、かつ苦手意識は払拭できたのかなと見ています。
国語は模試の結果が回復してきたということもあって、自信を持って授業に注力できるのではないでしょうか。
理科は得意分野を固めることはできたかなと思います。

高2の夏休みは、中だるみしてしまう生徒が多いといったお話を聞いていましたが、息子は高1の時よりは確実に勉強した夏休みだったと思いますし、勉強しなくてはいけないという自覚をもつきっかけになったと思います。
今までは三日坊主的なことの繰り返しでしたが、そうした流れも断ち切れたと思います。

息子自身も今までで一番有意義な夏休みだったと総括しているようです。

宿題も無事に終わっていました。以前のように夏休みの残り2,3日は睡眠時間を削ってやる、ということはなかったものの、最後はぎりぎりのような気もしたのですが、先行して仕上げたものも多かったためか、本人は余裕で終わったということのようです。

私が夏休みの終わりごろに「宿題終わったか?」などと問わなかったことも結果的に息子にはよかったかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR