FC2ブログ

【埼玉高校受験】高校受験当時の北辰テストの利用

息子が高校受験生だった7年前は、北辰テストの中3第1回には約3万2千人の受験生が受験しました。そして、第2回は受験員数がやや減少するものの、それ以降第5回にかけて受験者が増え、ピークは第5回の5万2千人強でした。
そして、第6回は5万2千人弱、第7回は4万8千人強、最終の志望校確認テストは約2万8千人でした。
息子の場合は通塾していなかったこともあり、当時中1に1回、中2に3回行われていた北辰テストも受けており、最後の志望校確認テスト(現在の第8回に相当するもの)まで全て受験しました。

現在はどうなっているのかわかりませんが、当時は第3回(一部第4回)以降のテスト結果をいわゆる「確約」の資料とする私立高校が多く、そのため第3回以降に受験者が急増していたようです。

つまり、北辰テストを「確約」のために利用する受験生が多いということが、数字からも推測されます。

当時の息子の場合も、いわゆる「確約」への利用も行いましたが、受験結果(北辰偏差値)によってその時の自分の全体の中での位置を把握するといったことにも着目していました。通塾していない息子の力を客観的に見る良い機会になっていたと思います。

北辰テストは、概ね中学校の進度に合わせて出題範囲が変わっていきますので、通塾していなくても、学校の勉強をきちんとしていれば、それなりの点は取れると思います。
ただし、個別の学校に配慮しているものではないので、受験者によっては、習っていない範囲が出題されてしまうこともあるようです(当時の息子の話より)。

また、いわゆる「確約」のために塾で北辰対策をすることも多いようで、そのような塾に通っている場合は、仮に良い成績であっても若干割り引いて考えたほうがよいのかもしれません。だとすれば、逆に北辰対策をしていない受験生の場合は、実力よりも若干低く判定される可能性もあると思います。

息子の場合、3年時の全8回のテストの総合成績による合格した公立高の合格判定はC2であり、順位は入学定員よりも下でした。
当時は受験勉強のスタートが遅いことが原因と考え、おそらくそれは間違ってはいませんが、北辰対策をしていなかったということもあったのかもしれません。

なお、最終回のみの判定がB2であったことと、内申点が少なくとも不利には作用しないと思われたことから、第一志望をそのまま受験させました。

北辰テストの各回の成績は、あくまでもその時の立ち位置を示すもので、受験勉強の上での示唆になるものですが、それ以上のものでもないと思います。
成績表が返ってきたら、なぜその成績なのかを科目ごとによく見ると良いと思います。

判定はあくまで目安でしかありません。さすがにDが続くと志望を変えたほうが良さそうな気はしますが、中3第1回の場合、Aであればこの調子で進もう、BやCであれば、諦めることなく進もう、で良いのかなと思います。

北辰テストの全結果を改めてみていますと、合格判定に関しては当初から厳しい判定が続いており、あまり記憶にはないものの、相応に私にも重圧がかかっていたと思います。それでも、子どもを信じ、結果に一喜一憂しないという姿勢は最後まで貫くことができました。これは、保護者の姿勢としては大事かもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

【埼玉高校受験】返却された北辰テストの結果は過去の話

今週は第5回の北辰テストが返却されるようですね。
北辰テストも年内はあと2回、そして年明けに1回のみとなりました。

北辰テストは、埼玉では事実上私立高校の合否を左右する試験ですので、その結果は受験生も保護者も大いに気になるものであることは、私も経験上よくわかっています。
北辰テストは、公立高校入試対策ではありますが、いわゆる「確約」のためのみということで受験する場合も多いと聞いていました。

最上位の志望校で毎回A判定のような受験生は、このまま頑張ってくれればよく、また「確約」も早期に得られると思いますので問題はないのですが、そうでない場合は、テストの成績、偏差値、合格判定といったものをかなり重く感じるケースもあると思います。

北辰テストは、この時期ですと1か月ごとに行われますが、安定して成績を伸ばしていくということは難しい気がしますし、毎回の多少の変動は仕方がないところです。
少し成績が落ちたからといって保護者が動揺したり受験生をむやみに叱咤したところで、成績向上という観点では効果は期待できないと思いますし、むしろ受験生のモチベーションや精神状態に悪影響を与えかねないと思います。

返却された結果は過去の結果です。なぜこの成績なのかという分析はしたほうが良いですが、これは冷静にすべきものです。
過去は過度に気にすることなく、成績が下がっても(上がっても)、今はとにかく前に進む方がよいと思います。

成績が下がりますと、他の家族等が心配して様々なことを言ってくるケースもあるとは思うのですが、子どもに伝わらないように、そこはうまく抑えてほしいところです。
私もそのあたりには結構神経を使う場面がありましたが、なんとか乗り切りました。

それができたのは「息子は必ず最後に結果を出す」と信じていたからだと思います。

北辰偏差値がかなり下がったこともありました。塾通いをしていない息子が成績は下がるのはある程度想定済みとはいえ、平常心でいるのは神経を使いました。
それでも、今頃の時期は、息子と2人で数多く説明会等に出かけたりして、とにかく親子で前に進むという意思を前面に出していた時期であったと思います。

この時期は、なお一層子どもを信じ、そして保護者自身の意思も強く持って、その時々の結果に一喜一憂することなく、受験までの残りの期間を突き進んでほしいと思います。

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

【高校受験】業者テストは、無駄ではない

埼玉の業者テストは北辰テストですが、これはいわゆる「確約」のためのもの、と考える保護者が結構多い印象です。

それは事実でもあるのですが、それだけではもったいない話です。
業者テストは模擬試験の性格もあるので、受けるだけ受けておいた方が良いと考えます。息子が本番でミスなく得点できているのは、本人の天性のものもありますが、高校受験の時であれば、当時中1の3学期からあった北辰テストを全部受けてきたという経験もかなり役立っていると思います。

また、長期休みの時などに行った、北辰のかこもん、入試の過去問を、極力本番と同じ時間割で実施するようにしたことも効果があったのではないかと思います。

これらの経験が、息子が高校受験時にも本番に強かった理由の1つではないかと思います。

知識を得るための努力は当然必要です。そしてその知識を100%アウトプットできるようにするためには、そのための研鑽が必要だということです。

私自身は別に北辰図書やその他業者テスト業界とは何も関係はありません。
しかし、それらを利用したことで、効果的に息子の合格を引き寄せたと思います。
長年のノウハウを持つ業者テストを利用しつくすことは、合格を近づける有効な手段の1つであることは間違いないと思います。

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

昨年、第6回北辰テストの結果

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

昨年の北辰テスト第2回の記憶

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
旧々々名称「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
旧々名称 「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
旧々名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でした」
現行名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でしたⅡ」
子は大学生になっています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR