第7回科学の甲子園埼玉県大会の結果

11/4に開催された第7回科学の甲子園埼玉県大会の結果が県のHPに掲載されていました。

第7回「科学の甲子園」埼玉県大会について

浦和高校(Aチーム)が優勝とのことです。
おめでとうございます。全国大会での活躍を期待しています。

科学の甲子園の埼玉県大会は、協賛企業(協働パートナー)も増えて、より盛大になった印象を持ちました。
参加高、チームも増えてきました。参加チーム数は無限に増えるものではなく、いつかは頭打ちになると思いますので、参加チームが毎年増え続ければよいとは思いませんが、より多くの高校生にチャレンジしてほしいと願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

第7回科学の甲子園埼玉県大会開催

台風22号は東方に去り、自宅周辺では29日夜10時頃には雲間から星が見えていました。

さて、第7回科学の甲子園埼玉県大会が11/4に開催されます。

全国大会については、今回の第7回から9回まで埼玉県で開催になるためか、県も昨年までよりは力を入れている印象です。

第7回科学の甲子園埼玉県大会の開催について(2017/9/7)

今回の予選会には、25校57チームが参加するそうです(前回は19校36チーム)。

第7回科学の甲子園埼玉県大会の開催について(2017/10/27)

この予選会や全国大会が、より多くの高校生にとって、科学やものづくりへの関心を高めるきっかけとなると良いなと思っています。

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

第6回科学の甲子園埼玉県大会結果

第6回科学の甲子園埼玉県大会の結果について、県教育局からまだ公式の結果発表はありませんが、各校のHPを見ていきますと結果報告をしているところがありましたので、把握している範囲で優勝もしくは入賞した高校について紹介したいと思います。

今回は、総合優勝は浦和高校でした。

公式webトップページの「部活動ニュース」に掲載)

おめでとうございます。浦高は第1回(優勝)以来の全国大会進出です。
優勝を目指して頑張って欲しいと思います。

総合2位(準優勝)は、市立大宮北高校(2年生のチーム)でした。実技部門も2位だったそうです。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)(大宮北高校)

SSHに指定された初年度から、良い成果であると思います。
メンバーにとってこの経験は大きな自信になったと思います。今後、様々なところで力を発揮することを願っています。

実技部門の1位は、熊谷西高校でした。

『速報』第6回科学の甲子園埼玉県大会

総合順位は入賞できなかったということですが、実技の1位というのは、素晴らしい成績です。メンバーの皆さんの今後の活躍を期待したいと思います。

その他の成績に関してはまだ判明していませんが、参加について公表している高校もいくつかありました。
優勝でなくても、上位でなくても、まず継続して参加するという取り組みを各校には期待したいと思います。

科学技術に関わる仕事に従事する1人として、科学の甲子園の地方大会、全国大会を目指す高校生が増えて将来の科学技術の発展を担う人材が数多く出てくることを期待しています。

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

第6回科学の甲子園埼玉県大会

第6回科学の甲子園埼玉県大会は、この土曜日(10/29)に開催されたそうですね。

県政ニュース 第6回科学の甲子園埼玉県大会の開催

第6回「科学の甲子園」埼玉県大会について

今年は、全国大会に行くのはどの高校でしょうか。
もしかすると、明朝(というかもう当日になってしまいました)の地元紙か全国紙の埼玉版に出るかもしれません。

思えば2年前、高校によっては、科学の甲子園に関してあまりにも陽をあてない扱いであったことから、埼玉の県立高校の現場では理科教育軽視が進んでいるのではないかと危惧を覚えました。

そしてそのような扱いなのは、高校の問題ではなく県の盛り上げが足りないのではないか、それが高校でのぞんざいな扱いになっているのではないかと考え、2014年12月、県のホームページの「知事への提言」に『「科学の甲子園埼玉県予選をもっと活発に」という意見を送りました。

他県の例に倣い、予選会にスポンサーを付けて景品を出したらどうか、出場する高校生たちに、科学に関する特別講義をしてみてはどうか、もっと広報活動に力を入れるべきではないか、といったものだったと思います。

翌年の第5回の予選会から、そのような形で予選会が行われるようになり、個人的には大変喜んでおります。

一県民に過ぎない私の意見で県政が動いたなどとは全く思いません。
おそらく、そのような案は県教育委員会では以前から持っていたのではないかと思います。
しかし、なかなか予算化できなかったところに、意見が来たので、「それを望んでいる県民の強い声がある」のような形で施策として予算化できたのかなと思います。
そのようにきっかけぐらいになったのであれば、良かったと思いますが、実際はあまり関係なかったかもしれませんし、同じような意見が多かっただけかもしれません。

いずれにしましても、科学の甲子園の埼玉県大会、そして全国大会がますます盛り上がり、そして、理数の勉強への道を選ぶ優秀な高校生がたくさん現れることを願っています。

第5回科学の甲子園

第5回科学の甲子園全国大会が茨城県つくば市で開催され、愛知県代表の海陽中等教育学校が優勝しました。おめでとうございます。

科学の甲子園(科学技術振興機構)

埼玉県代表は開智高等学校でした。
初出場で総合10位は立派な成績と思います。健闘を称えたいと思います。

科学の甲子園の埼玉県予選については、第2回目以降は一部の高校が公表するのみで、県の公式発表がなく、埼玉ではあまり知られていなかったように思います。
第4回予選会については、かなり時間がたった後に公表されました。

当時のブログ記事「第4回科学の甲子園埼玉予選公式発表」

昨年の第5回予選大会については、私はチェックできていなかったのですが、県教育委員会も力を入れたようで協賛企業もつけて開催されました。

「第5回科学の甲子園埼玉県大会の開催」

「第5回「科学の甲子園」埼玉県大会について」

特別講演も行われたようで、参加した高校生には良い経験になったと思います。

このような取り組みはとても良いと思います。
是非次回以降も大いに盛り上げていただきたいと思います。

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR