第6回科学の甲子園埼玉県大会結果

第6回科学の甲子園埼玉県大会の結果について、県教育局からまだ公式の結果発表はありませんが、各校のHPを見ていきますと結果報告をしているところがありましたので、把握している範囲で優勝もしくは入賞した高校について紹介したいと思います。

今回は、総合優勝は浦和高校でした。

公式webトップページの「部活動ニュース」に掲載)

おめでとうございます。浦高は第1回(優勝)以来の全国大会進出です。
優勝を目指して頑張って欲しいと思います。

総合2位(準優勝)は、市立大宮北高校(2年生のチーム)でした。実技部門も2位だったそうです。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)(大宮北高校)

SSHに指定された初年度から、良い成果であると思います。
メンバーにとってこの経験は大きな自信になったと思います。今後、様々なところで力を発揮することを願っています。

実技部門の1位は、熊谷西高校でした。

『速報』第6回科学の甲子園埼玉県大会

総合順位は入賞できなかったということですが、実技の1位というのは、素晴らしい成績です。メンバーの皆さんの今後の活躍を期待したいと思います。

その他の成績に関してはまだ判明していませんが、参加について公表している高校もいくつかありました。
優勝でなくても、上位でなくても、まず継続して参加するという取り組みを各校には期待したいと思います。

科学技術に関わる仕事に従事する1人として、科学の甲子園の地方大会、全国大会を目指す高校生が増えて将来の科学技術の発展を担う人材が数多く出てくることを期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

第6回科学の甲子園埼玉県大会

第6回科学の甲子園埼玉県大会は、この土曜日(10/29)に開催されたそうですね。

県政ニュース 第6回科学の甲子園埼玉県大会の開催

第6回「科学の甲子園」埼玉県大会について

今年は、全国大会に行くのはどの高校でしょうか。
もしかすると、明朝(というかもう当日になってしまいました)の地元紙か全国紙の埼玉版に出るかもしれません。

思えば2年前、高校によっては、科学の甲子園に関してあまりにも陽をあてない扱いであったことから、埼玉の県立高校の現場では理科教育軽視が進んでいるのではないかと危惧を覚えました。

そしてそのような扱いなのは、高校の問題ではなく県の盛り上げが足りないのではないか、それが高校でのぞんざいな扱いになっているのではないかと考え、2014年12月、県のホームページの「知事への提言」に『「科学の甲子園埼玉県予選をもっと活発に」という意見を送りました。

他県の例に倣い、予選会にスポンサーを付けて景品を出したらどうか、出場する高校生たちに、科学に関する特別講義をしてみてはどうか、もっと広報活動に力を入れるべきではないか、といったものだったと思います。

翌年の第5回の予選会から、そのような形で予選会が行われるようになり、個人的には大変喜んでおります。

一県民に過ぎない私の意見で県政が動いたなどとは全く思いません。
おそらく、そのような案は県教育委員会では以前から持っていたのではないかと思います。
しかし、なかなか予算化できなかったところに、意見が来たので、「それを望んでいる県民の強い声がある」のような形で施策として予算化できたのかなと思います。
そのようにきっかけぐらいになったのであれば、良かったと思いますが、実際はあまり関係なかったかもしれませんし、同じような意見が多かっただけかもしれません。

いずれにしましても、科学の甲子園の埼玉県大会、そして全国大会がますます盛り上がり、そして、理数の勉強への道を選ぶ優秀な高校生がたくさん現れることを願っています。

第5回科学の甲子園

第5回科学の甲子園全国大会が茨城県つくば市で開催され、愛知県代表の海陽中等教育学校が優勝しました。おめでとうございます。

科学の甲子園(科学技術振興機構)

埼玉県代表は開智高等学校でした。
初出場で総合10位は立派な成績と思います。健闘を称えたいと思います。

科学の甲子園の埼玉県予選については、第2回目以降は一部の高校が公表するのみで、県の公式発表がなく、埼玉ではあまり知られていなかったように思います。
第4回予選会については、かなり時間がたった後に公表されました。

当時のブログ記事「第4回科学の甲子園埼玉予選公式発表」

昨年の第5回予選大会については、私はチェックできていなかったのですが、県教育委員会も力を入れたようで協賛企業もつけて開催されました。

「第5回科学の甲子園埼玉県大会の開催」

「第5回「科学の甲子園」埼玉県大会について」

特別講演も行われたようで、参加した高校生には良い経験になったと思います。

このような取り組みはとても良いと思います。
是非次回以降も大いに盛り上げていただきたいと思います。

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

第4回科学の甲子園埼玉予選公式発表

第4回科学の甲子園の埼玉予選に関して、埼玉県教育委員会から公式webで発表されました。中を見ますと、本当はもっと前に公表する予定だったのかなと思えます。何らかの理由で公表が遅れてしまったということのようです。

第4回「科学の甲子園」 埼玉県大会結果について

大宮はダントツ1位でした。来年も出場となれば、是非全国での上位も期待したいところです。
川越、越谷北、開智については、2次予選の実技に関してはかなり頑張ったと思います。来年は全国出場を目指してほしいと思います。
熊谷西、松山は2次予選が初参加ゆえに力を出し切れなかったところもあると思います。来年以降さらなる頑張りを期待します。

春日部の7チーム参加、熊谷の5チーム参加というのは多いですね。学校で関心が高いということもありそうです。
残念ながら1次予選通過はなりませんでしたが、その積極的なチャレンジはきっと将来役に立つと思います。来年も頑張っていただきたいと思います。

大宮高校の生徒と思われるツイッターによれば、予選突破を見据えて科学オリンピックの問題などを勉強していることが伺えました。案外予選突破に力を入れすぎているのかもしれません。

ついでながら、これまでの埼玉予選第1回から第4回の結果をまとめてみました。
科甲予選推移

参加高も少しずつ増えているようですね。良い傾向と思います。

来年はもっと盛り上げてほしいと思います。

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

科学の甲子園埼玉予選の結果は?

第4回科学の甲子園の全国大会も先月終わっており、今更ではありますが知っている範囲で埼玉予選の話なども含めて書こうと思います。

全国大会で埼玉の代表大宮高校は3回目の出場でしたが、10位以内には入れず、各賞も逃すという結果に終わりました。埼玉県としては、第1回で浦和高校が全国優勝していますが、第2回から10位以内にも各賞も逃すという結果が続いているという結果になっています。

さて、埼玉予選の結果ですが、2次予選の結果1位は大宮高校、2位は川越高校、3位は越谷北高校でした。うち大宮高校と越谷北高校は、それぞれの公式サイトで発表がありました。川越高校については、ネットで検索して私の持つ情報と一致しましたので、まず間違いないと思います。川越高校は第3回に続いての県予選2位になっているようです。

あと3校のうち2校は松山高校と熊谷西高校のようです。両校は先日公表されたように、SSHで高い評価を得ており、学校全体で理数系の教育が充実していることをうかがわせるものだと思います。
これで県立4校の理数科設置校が全て2次予選に進んだということになります。

なお松山、熊谷西の両校は初の2次予選進出になった一方で、2次予選常連だった春日部高校と第1回の全国優勝の浦和高校が1次予選で敗退しました。
もう一校はネット上に情報が全く見つけられない状況ですので校名を出すのは控えたいと思います。

全国大会での大宮高校の健闘は称えたいと思います、
しかし、全国大会で勝てるチームを出場させるという観点からは、予選に関しても改善が必要になっているのではないかと思います。

県教育委員会の発表に関しても、第2回目以降全く行われていないということで、県のやる気自体が疑われるといっても仕方のない状況だと思います。
各チームの更なるレベルアップを目指すためには、高校そして個人の研鑽が必要であることは間違いないですが、県教育委員会もそれらを全面的にバックアップしていくという積極的な姿勢が必要だと思います。本年度以降はもっと盛り上がるようにしていただきたいと思います。

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR