FC2ブログ

【高校】新高1と新高2の夏休み

ブログを長くお休みしていました。見に来ていただいた方には申し訳なく思います。
4、5月に仕事で飛ばし過ぎたためか、6月に入り体調を大きく崩し、4日ほど休むという状況になり、体重も5kgほど落ちてしまいました。
そして、回復が遅く通勤が辛い状況が続きましたが、6月の最終週にようやく回復したかな、と思えるようになりました。
ブログの方は、6月初めにいくつか記事をUPしようと準備していましたが、1月遅れとなり、そのままお蔵入りのものもあれば、手直しが必要うなものもあるというところですが、夏休み前向けの記事はほぼそのままいけそうなので、更新することにしました。

さて、その記事は新高1、高2(の保護者)向けの記事です。
夏休みはまだ先ですが、定期テストが終わればすぐ夏休みになってしまいます。
高2の場合、私は夏休みの過ごし方が重要であると息子を見ていた経験からも思っています。1学期に行われた模試の結果で、夏休みをどう過ごすかを考える必要があります。今から夏休みに向けて、部活のみならず勉強も気にかけていくと良いと思います。

新高1に関しては、まずは学校に慣れ、高校の学習に慣れ、というところからスタートすることで良いと思います。部活に慣れ、ということも大事と思います。
そして、夏休みは、まとまった勉強ができる期間も欲しいところですが、そればかりではなく、例えば部活に打ち込むのも良いと思います。
高1では、まずは「だらだら過ごさない」ということが目標で良いかなという気がします。

高1の夏休みもきちんと勉強できるのであれば、その心構えと行動がが大学受験まで続くという前提で、志望大学への現役合格の可能性は高くなると思いますが、高1の夏休みに、計画的に多くの勉強ができる生徒は、そう多くないような気がします。
息子は、高1の時は学校が行う進学補習や勉強合宿のようなものに参加したのと宿題はやっていましたが、それ以外に勉強はしていなかったように思います。私も息子にはほとんど指導しなかったように思います。

しかし、高2の夏休みは大事かもしれません。
理系の場合、物理が始まるのが高2からのケースが多く、まずは物理(物理基礎)で躓かないように、4月から気を抜かないようにしてほしいと思います。
上位の埼玉公立高では、高1の時に既に数Ⅱ、数Bが始まっていると思いますが、難関国立大の志望者や理系志望者は、とにかくついていくように頑張って欲しいと思います。
ただ、数Ⅰのスピードが速かったために追いつけていなかったということが、1学期の模試に成績の低下という形で現れてくるかもしれません。
高校生当時の息子もその影響を受けていたような気はします。
そして、模試の結果を踏まえて、夏休みに数Ⅰの問題集をまとめて1冊仕上げることで、V字回復を実現しました。
現役合格は、これが1つのカギになっていたと思います。

高1の時の高校の保護者会では、高2の夏休みの中だるみ防止が大きなカギとなるという話がありましたが、これは本当にそうだなというのが実感です。

新高1は、まずは高校を充実して送れるように、新高2は、充実した高校生活をおくりつつも、徐々に大学受験ということも意識していければよいかなと思います。

参考までに、過去記事を再公開しました(一部は既に公開中)。

<高1>
全統高1模試の結果が返ってきた(2013/7/7)パスワードは「oomiya」(英小文字6文字)

<高2>
対策が必要のようだ~全統模試の結果から(2014/7/7)パスワードは「oomiya」(英小文字6文字)

対策が必要のようだ~全統模試の結果からその2(2014/7/14)パスワードは「oomiya」(英小文字6文字)

夏休みが始まった(2014/7/20)

夏休みの成果(2014/9/2)

全統高2模試、成果と課題(2014/9/29)パスワードは「oomiya」(英小文字6文字)

高校2年成績総括(2015/3/27)パスワードは「oomiya」(英小文字6文字)

<そして1年後>
合格のカギは積極的かつ自発的に勉強できるか否か(2016/3/20)

スポンサーサイト



テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

【大学受験】高校2年の夏休みの活用

期末試験も終わり、夏休みも近づいてきました。
高2の夏休みの勉強は、かなり効果を上げるというのが、息子が高校生の時に私も実感したことです。

高2の夏休みとなれば部活も大きなウェイトを占める場合もあるでしょうし、秋に文化祭がある場合は、その準備もあると思います。
それらにも全力で取り組むのもまた大事なことだと思います。

それでも毎日1時間でもそれ以下でも、とにかく40日間でやると決めたことを1科目でもまとまった学習を継続することができれば、秋の模試で効果を実感できることになると思います。
仮に目に見えた結果が出なくても将来につながっていくと思います。

そうしたよい効果を弾みとして、次に様々な科目の勉強に取り組むことで、またそれが実績となる、という良い流れを掴みやすくなると思います。そして何らかの実績を上げた経験があれば、高3の夏休みになったときに頑張ろうという気持ちに持っていきやすいと思います。

高2の夏休みに「中だるみ」のようになって勉強がおろそかになっても、高3で挽回することはできると思います。しかし、高3になった直後の模試では成績が下がることが多いので、もし夏に何もせずに高2の秋以降に模試の成績が落ちてしまう場合は、成績が下がりるづけるという経験をする可能性が出てきます。そうなってしまうと、勉強するモチベーションを保つのが、難しくなってしまうかもしれません。

それぞれの高校生活をどのように過ごすか、どのくらいの勉強をするかは、個人が決めることです。高2の夏から入試までは時間が長いので、あまり欲張って勉強することもないのかなという気はします。
それでも、高2の夏休みを活用して、学習を継続させることができれば、多少なりとも楽な気持ちで高3の受験を乗り切りやすくなるかなと思います。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

【高校受験】夏休みはどうしていたか その2

16日、17日は「彩の国進学フェア」が開催されていたそうですね。
今はUPしていませんが、以前の記事の原稿を読み返してみますと、3年前は27、28日だったようですので、少し日程が早くなったということになります。

それから、息子が当時受験した私立高では、昨年までは開催されていた12月の個別相談会の案内が今のところ掲載されていません。これは説明会の日程が早まったということではなく、今後順次掲載されるのかもしれませんが、気を付けたほうがいいと思います。
お子さんが受けたいと思っている、もしくはお子さんに受けさせたいと思っている高校に関しては、是非自らこまめに学校のHPで情報収集をされることを強くお勧めします。

ところで、前回の続きです。

夏休みは勉強すればそれだけアドバンテージにはなることは確かだと思います。
しかし、高校受験の場合は、大学受験ほどのインパクトはないのかなというのが、息子の高校受験と大学受験を見てきた私の実感です。

ですから、部活の引退が夏休みの途中や2学期になるケースもあるようですが、過度に心配することはないと思います。

早くから通塾している場合は、夏期講習もカリキュラムに組み込まれていたりしますので、保護者としては夏に何とかしないと思うものだと思いますが、夏休みの勉強は、あくまで個々の受験生毎に適正なものがあると思います。
例えば、夏休みは、得意科目を強化するとか、弱点を強化する、といった機会にすることも有効だと思います。

息子の場合は、部活は夏休み前に引退となりました。
勉強する時間はとれるはずなので、その気になればもっと勉強できたのかもしれません。

息子の場合は、当時も数学理科の強さが安心感になっていたと思います。そして中学校主体の勉強ですので、実践力の強化が必要という考えがありました。
あまり無理なく受験生としての自覚を持つように、という考えもありました。

息子は塾にはかなり抵抗があったようですし、強制するような感じですと、逆効果になってしまいます。
もっとも現代では通塾率が高く、子どもにとってそれは普通のこと、当然のことという感じで、通塾に抵抗感を持つ中学生は少ないとは思います。

個々の受験生はそれぞれ違います。それぞれが適正に夏休みを活用すればよいのだと思います。

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

【高校受験】夏休みはどうしていたか

当ブログには、埼玉の高校受験関連の情報を求めてこられる方が多いようですね。
そういえば、今日(7/17)は北辰テスト第3回だそうです。
4年前、息子も受けました。
北辰2012_3

塾通いをしていないため、書店で申し込みしていました。

さて、今回は高校受験時の夏休みの話です。

正直のところ、息子の高校受験の話は既に思い出話に近いものになっています。なので、当時の記録を探してみたところ、予定表(というかメモ)が残っていました。
2012夏予定

当時の息子はまだ自己管理が完全ではなく、塾通いもしませんでしたので、保護者のフォーローは必須だったと思います。

メインは「北辰のかこもん」でした。
これは1日がかりです。
我が家では私の家事の負担が相応にあるのですが、息子が問題をやっている間に洗濯機を回して、干して、昼食を作って、という感じだったと思います。昼食後一服してから夕方まで私が解説をしました。

「特講」というのは、数学の問題集などから私がピックアップし、難しい場合は多少改変して解かせたのかなと思います。それほどの量は解かせていません。習慣づけレベルだったと思います。

息子は、行ったことないからよくわからないけど、塾みたいだな・・・とぼやいていたことは良く覚えているので、このスケジュールに近い形で行っていたことは確かだと思います。私は自分の夏休みと土日をほとんど潰しており、結構気合が入っていたのだなと思います。

この程度といえばそうですが、2学期の北辰テストの成績は多少の上下はあったものの平均的には概ね横ばいでしたので、周りと同じような学力の伸びと解釈すれば、相応の効果はあったといってもいいのかもしれません。
北辰テストの時間割に近い形で行いましたので、それもよかったかもしれません。

なお、北辰テストの過去問は、夏休みは第4回までとしました。理由は、塾通いしていないため、夏休に第5回以降を実施しても出題範囲が習っていないところが含まれて解けないことは明らかなので、効果が薄いと考えたからです。

<続く>

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

夏休みの成果を期待

今週から2学期が始まる学校も多いと思います。
今週末から9月にかけては文化祭を行う高校も多いようです。
駅にポスターが貼られている高校もあります。

さて、3年生にとっては、この夏休みが1つの勝負になったと思います。
息子の夏休みは、どうだったでしょうか。

今回は、私はほとんど口出しをせずにいましたが、食事時など勉強の話題をしてくることも多く、結構頑張っていたように思います。
数学に限らず、理科、地歴公民、英語などの話もありました。

学校にも平日はほぼ毎日行っていました。講習を受け、自習をしていました。

これまでは自宅の自室で勉強ができないといったことも言っていましたが、さすがに受験生の自覚が出てきたのか、自室でも勉強していたようです。居間で勉強していることもあり、継続的に勉強する工夫をしていたようです。

成果はどうなるでしょうか。

勉強時間の目安よりはやや少なかった気はしますが、本人は力をつけてきたという思いがあるようですので、結構勉強したということでしょう。
次の日曜日に全統記述模試がありますので、頑張って欲しいものです。

引き続き秋も気合を入れて進んでいくことを期待し、見守ろうと思います。

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
旧々々名称「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
旧々名称 「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
旧々名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でした」
現行名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でしたⅡ」
子は大学生になっています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR