【センター試験】迷う時間はもったいない、補足編

ここでは、前回の続きとして、中堅国公立大志望に特化したものとしてセンター試験模試の判定に関して少し述べようと思います。

進研模試(駿台ベネッセ模試を含む)と全統模試の違いに関しては、以前にも記事にしています。

進研模試と全統模試

記録に残している息子の模試の成績(偏差値と第一志望の合否判定)を参考にして中堅国公立大理系志望ということに絞って考察しますと、記述模試に関しては両方ともA判定が出ていますし、2つの模試の判定の差はそれほど大きくはありません。

一方マーク模試に関しては全統模試の方が明らかに厳しい判定になっていました。
よく言われるのは、母集団のレベル差なのですが、それも否定できないものの、大きな原因は模試の問題のレベル差ではないかという気がします。

息子の場合、数学や物理は多少難易度が高くても相応の結果を出せていましたが、それ以外の科目はなかなか仕上がらず、問題が難しいとより厳しい結果になる傾向があったように思います。

以前書いた通り、全統記述模試や全統マーク模試を受験することは、中堅国公立大の受験生にも有益と思います。しかし、合否判定については、特に現役生は全統マーク模試の判定はあまり気にする必要はなく、駿台ベネッセマーク模試の方でE判定以外が出ていれば、十分追い込みが可能であると思います。(駿台ベネッセのマーク模試でE判定が連続しているようであれば厳しいのは事実と思いますが、それだけで諦めることはないと思います。)

繰り返しになりますが、とにかく合格を目指すのだという気持ちにぶれがないのであれば、これからセンター試験に向かって、迷うことなく少しでも知識を積み上げることと、得点力を磨くということの2点に留意して勉強を重ねていくことで、道を切り開くことができると思います。

なお、中堅国公立大対策の2次模試としては、センター試験終了後にも行われる東進の「有名大本番レベル記述模試」がお勧めできると思います。
私も問題を見たのですが、問題のレベルがあまり高くなく、息子は自信を持てたようで、追い風になったと思います。
万一結果が悪くてもそれはまさに弱点を突かれたことになり、得点できなかった分野を重点的に補強することができますので、有益ではないかと思います。

また、東進のセンター試験本番レベル模試もお勧めできると思います。ただ、これも本番1か月前ですので、その後の努力は反映されたものではありません。そこを十分に理解した上で受験して活用すればよいと思います。
息子はこの模試を受けました。そして得意科目のレベルの高さを維持できていることを確認できたと思いますが、その他はあまり良い成績とは言えませんでした。それでも本番でボーダーを超えたということは、この模試の受験後の1か月間もまた非常に大事であるということだと思います。
スポンサーサイト

【センター試験】迷う時間はもったいない

11月の最終週(11/27~12/2)には、全統模試、全統マーク模試、そして駿台ベネッセ模試を受験した受験生に、それぞれ結果が返ってくると思います。そして駿台ベネッセマーク模試は、1日発送とのことなので、結果がわかるのはその翌週となるのではないかと思います。
そして全統センター試験プレテストが、埼玉県の一般受験では11月26日に行われますが、この結果が遅くとも12月18日の週には返送されると思います。

いずれにしても、センター試験の模試に関しては、予備校大手2校では模試が終了することになります。

しかしながら、これらの試験は全て遅くとも12月初めまでの実施です。それ以降の勉強は反映されていません。12月1月の勉強によって追いつき逆転することは、不可能ではないということです。
息子の時は、これらの模試の判定はDかEという状況でした。

言うまでもなくほとんどの受験生がセンター試験を目指してスパートをかけます。ですから逆転は簡単ではありません。しかし確実に言えるのは、勉強を積み重ねる努力をしなければ、差がさらに開くということです。

10月や11月時点の成績を見て悩む必要はありません。迷ったり躊躇する時間はもったいないです。勝負は今後の積み上げにかかっています。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

【大学受験】センター試験結果の状況が明らかになってきた

私がチャレンジしたセンター試験の地学は、73点でした。8割は取りたかったのですが、満点は気象分野だけになってしまい、まあこんなものでしょう。
なお、息子がチャレンジした数学は、8割超えだったようです。

ところで、センター試験の自己採点のリサーチ結果も出そろったようです。
平均点の中間発表もあり、全体の状況はほぼ見えたというところでしょうか。

センターリサーチとデータネットの両者とも、文系は比較的高い得点層が大きく増えているようですね。一方理系は文系ほどではないですが、やはり7割後半~8割前半のところは少し増えているようです。

息子の大学では、ボーダーが上がった学科が多いようですが、志望者が増えているところもあるようです。

昨年と比べて、倍率が変動する大学も少なくないと思いますが、リサーチの結果がA,Bであれば自信を持って出願して勉強を継続すればよいと思いますし、C以下でもチャレンジすると決めたら、逆転をめざして勉強するだけだと思います。

センター試験の結果が良くても悪くても、それを引きずらずにいかに早く平常心に戻って2次試験対策の勉強に注力できるかで、結果が大きく変わることもありえます。
出願を決めたら、結果が良くても最後まで気をゆるめずに、結果が思わしくなくても諦めずに、合格を掴むために頑張って欲しいと思います。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

【大学受験】センター試験が近づく

年末年始も結構忙しく、年明けの仕事も結構きつく、更新ができませんでした。
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

さて、今週末はセンター試験ですね。
ただ、気象状況はあまり良くない予想のようです。関東でもかなり寒くなる予想です。
関東でもセンター試験、かつての共通一次試験の時でも悪天候になったこともありますので、地域で異なるとは思いますが気象に対する対策も必要だと思います。

それから、最後まで勉強するのは良いと思いますが、試験に向けて体調を万全に持っていくということも大事だと思います。
いままで勉強してきたことを100%得点に結びつけるためにも留意してほしいと思います。

息子の高校では、試験前の週も少なくとも前半は登校日になっていました。
クラスのみんなの顔を見るというのも良かったのではないかと思いますし、生活のリズムを整えるという効果もあったと思います。

登校するとウィルスを拾うリスクも否定はできませんが、ウィルス対策という観点では家族全員で気をつけるということが必要な気がします。
私も受験期はマスク着用で出勤し、職場でも手洗いをこまめに行っていました。あまり神経質になる必要はないのかもしれませんが、深酒を避けるといった配慮も悪くはないと思います。

センター試験受験者の健闘を祈っています。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

【大学受験】センター試験準備は最後まで走りきる

今年は年賀状を23日に作成し、投函してきました。
近年年賀状の作成は28~30日でしたが、今年は息子の大学合格だけでなく、自らの変化の年でもあり、最後まで気合をいれて走ろうか、のような思いもありました。

ところで、昨年の今頃は、息子は東進のセンター模試を23日に受験し、センター試験に向けて最後の追い込みの勉強を行っていたと思います。

その東進のセンター模試の結果を見ますと、数学と物理以外は平均点を下回る状況にあり、未完成であったと思います。
しかし、センター本番では超苦手の英語も含めて、全て平均を超えました。
最後まで諦めずに走り続けたことが良かったと思います。

この12月の東進センター模試では合否判定はなかったと思うのですが、11月の時点のセンター模試では、全統はE判定、ベネッセ駿台はD判定だったところ、センター本番ではB判定になったことからも、最後の追い込みが非常に効果的だったということだと思います。

年末年始も元旦だけはペースダウンしましたが、よく勉強していたと思います。3が日くらいは休んでメリハリをつけるということが良い場合もあるとは思いますが、息子の場合は正月返上で勉強というのは、心理的にもプラスになったように感じられます。

センター試験まであと3週間を切りましたが、最後まで諦めずに少しでも多く知識を積み上げてほしいと思います。

なお、東進の模試の偏差値とセンターリサーチでの偏差値とは、単純に比較してはいけないと思いますし、東進の偏差値とベネッセ駿台のマーク模試の偏差値とも単純に比較できないものではあるのですが、どうも理系はこれらの母集団のレベルが近いのではないかという印象です。もっとも文系の場合はまた違った結果になるかもしれません。
全統マークは、それらよりも母集団のレベルは高い印象です。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR