大学合格状況ではなく進学状況こそ現実

埼玉の各高校では、大学の合格者数を公表しているところが多くなっています。
国公立大学の場合は、そのまま入学する場合が多いと思いますが、私立大の場合は合格者数と進学者数が大きく乖離していると思います。

浦和高校は現役浪人合計の進学者数、浦和一女はそれぞれの進学者数を公表しています。
大宮高校では、主要国公立大、早慶上理、MARCHの進学者数を公表していますが、理数科は現役浪人合計の進学者数を公表しています。
所沢北高校や松山高校(理数科、特進の人数も記載)では、現役の進学者数を公表していることを確認しています。

入学に相応の努力が必要な高校であっても、全員が国公立大や難関私立大に進学するものではないことが良くわかります。
そして、大学進学にあたってもそれ相応の努力をする必要があるということなのだと思います。高校入試は終点ではないということなのだと思います。

息子の中学までの同級生の動向が少しずつ入ってきていますが、地域の最上位の高校に進学した子たちは、大学入試では意外と苦戦しているようです。逆に難関公立校に合格できず私立高にいった子の中には、最難関といえる国立大学に現役合格した子がいました。

北辰偏差値の平均値と国公立大や難関私立大の合格率は高い相関があるとはいえ、あくまで平均値の話であり、個々の努力で打破もできるし、逆に沈むこともあるということを実感しています。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

理系を考えているなら、物理を早く捨てないことを勧める

今回は、来年以降大学受験生になる人(の保護者)向けの話です。

大学受験に関して、何か1つ後悔していることを挙げよ、言われれば、私は「早期に物理をあきらめたこと」になります。

現在の私は、私以外は全員理系大学出身という技術部門で仕事をしていますので、いまさら後悔もないのですが、強いて言えば、というものです。

現在の物理の履修は、高校2年生で物理基礎、3年で物理ということが多いようですので、早期に諦めざるをえないということはあまり考えなくてもいいかもしれないのですが、理学系や工学系を少しでも考えているのであれば、最後まで諦めずに頑張って欲しいと思います。

物理をあきらめますと、理系への道は一部に限定されてしまいます。
志望を変えるので他の科目に注力したいというのであれば、止めたりしませんが、理系に進むことが変わっていないのであれば、物理は最後まで履修することを私は勧めます。

適性ということはあるかもしれませんが、最低1年頑張ってみてから結論を出すでも遅くないと思います。文系に変わったとしても、うまくいけば物理基礎を得点源にできます。

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

数学が得意だと現代文でも点が取れる?

現代文は、私の高校時代ですと現代国語もしくは現国という呼称でした。
最近は現文でしょうか。

この現代文ですが、数学が得意な人は現代文も得意という話が結構あるようですね。
ネットでもたくさんヒットします。

息子を見てきたところでは、ほとんど読書をしないのに、国語は昔から5段階評価で5が多かったですし、公立高校入試でも、センター試験でも結構いい点を取っています。公立高入試では、現代文の部分は、満点か満点に近かったような記憶があります。

息子は、数学が常に得意科目でしたので、数学が得意だと現代文が得意、ということに当てはまることになります。

私自身は、高3の時に、数学の勉強をやめてから、それまで比較的できていたZ会の国語が急に解けなくなった経験があります。特に現代国語が全然だめになってしましました。
数学の勉強で論理的思考力が鍛えられていたところ、数学の勉強をやめたために論理的思考能力が低下したということかもしれません。

その後浪人中に数学は得意科目として復活しますが、現国もそこそこ成績が戻ったと思います。

私と息子は、いわゆる暗記数学の学習はしていません。またどちらかといえば数学に関しては比較的少ない勉強時間で点数が取れるというタイプになります。
そういったタイプですと、数学と現代文の得点力には、正の相関性が強いということかもしれません。

息子の場合、論説文の場合は特に高得点の傾向があるので、数学力が現代文の得点力に影響しているのは、ほぼ間違いないのかなと思います。
ただ、高校の現代文の授業も結構役立っていたと思いますし、数多く受けた模試の国語(現代文)も役立っていたと思います。

数学と現代文の得点力のための基盤的な能力は、共通性がありそうだと思います。
ただし、現代文は数学力だけで点が取れるものではなく、得点力を鍛えるための練習は必要なのだろうと思います。
私はそこそこ、息子はそれ以上というのは、この練習の差ではないかと思います。

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

数学C復活の話に思うこと

息子と話していて、高校数学で数学Cが復活するという話を聞きました。
調べますと、5月に出た話のようですね。

具体的な内容は決まっていないようなのですが、高校数学からは消えた行列を復活させたほうがいいのかなと思います。

そういえば、私の高校時代は数ⅡBの範囲だったかなと思いますが、行列と一次変換は結構好きでした。行列は、様々なところで使えるので、学んでおいてもいいと思うのですが、息子の学年の2つ上までで高校数学から姿を消しました。

息子は今大学で行列を学んでいますが、理解するのに苦労しているようです。
今のところ成績上位にいる息子でも苦労しているということは、苦労している同級生も結構いるのかもしれません。

このように、高校での学習の有無が、大学での勉強に影響するということは結構あると思いますが、高校できちんと学んだことは、大学の勉強を行う上で役に立つということもあると思います。

また、高校で学習する科目は、大学での勉強や研究には直接関係ないものもあるとは思いますが、その先で様々な形で役立つこともありますし、受験勉強としてでも多くの科目をしっかり学習しておくのは、人生の上でプラスになると思います。

大卒なら、就活では大学時代の行動で評価される

息子の大学には、上位高の出身者や難関国立志望からの志望変更者が結構多いようです。その中には、ここは出身高校では難関大とはみなされないところだと自嘲的に話す学生もいるようです。

しかし、受験生の時の成績がどうであれ、出身高校がどうであれ、同じ試験を受けて一定水準以上の点を取って合格しているわけで、入学後は差がないということを自覚すべきと思います。高校時代の栄光?があったとしても、もはやゼロクリアされたと考えたほうが自分のためです。

以下は、自分の経験の話です。
社会人になると大卒(以上)は出身高校を問われることはほとんどありません。
高校閥となるものの存在がある組織もあるそうで、気にされる方もいるようですが、少なくとも私の出身校に関する場合は、親睦会以外の機能はないと思います。
まあ、ご縁のない世界のことは知りませんから、全てそうだという保証もしませんが。

私の就職活動では、出身高校を問われることは1社を除いてありませんでした。
大学時代に何をしてきたのか、様々な角度から広く深く聞かれました。

大学生時代に自分が受講した講義の中で、「就職面接で高校時代のことを問われたら、それは大学時代の行動が評価されていないことだと思え。」ということを厳しく語っていた先生がいたことを思い出します。

その1社ですが、「高校時代に何をやっていたの?」と聞かれました。
恥ずかしながら、その面接官とは言い合いに近い状態になっていたので、向こうも質問に窮しただけだったのかもしれませんが、確かにそれで1次面接で終わりました。

大卒は、大学で何をしていたかが問われるものであり、高校時代のことは関係ないということです。

就活は大学受験生にはかなり先の話になりますが、実は入学してからすぐに勝負が始まっているのです。
プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR